日本の熟練職人が作る Craftsman Ship

極上の天然皮革を熟練工が仕立てる
シンプルに良い物を、そして温かみを手仕事で。

Meister Policy

ココマイスター“流”
ものづくり革製品込める

技術と心を持ち合わせた本物の熟練工
温かみと上品さを兼ね備えた革製品

ものづくりは人柄を製品から感じさせてくれます。日本の熟練工が製作した革製品には、温かみと上品さを両方感じ取ることが出来ます。職人とは、ただのビジネスだけの関係ではない、深い信頼関係で繋がっており、その信頼関係が製品のクオリティを高めます。

ココマイスターのものづくりは、工業的ではなく、1点ものの様に人間味が滲み出る“ものづくり”を信条としています。ココマイスター製品を作る熟練工は、皆工業的に製作することは苦手です。生き方は不器用ですが、腕は一級品。仕上がった製品にはオーラすら感じさせてくれます。

この様な、ハイエンドなものづくりに徹しているのは国内でもココマイスターが唯一無二です。この熟練工達の良さを最大限発揮することで、ハイエンドな製品ばかりが並ぶブランド“ココマイスター”が今ここに存在しているのです。

ただの高級品ではない、生き様を感じさせる様な製品。そして力強く繊細である、天然物と人間の組み合わせが、最高の製品を生み出します。

Attachecase Meister

ココマイスター“流”
アタッシュケース熟練職人

クラシカルなアタッシュ
独自の技術と希少価値

現代で、アタッシュケースの作り手が存在すること自体が希少です。ココマイスターの最もクラシカルなラインである、アタッシュケースは、そんな限られた技術や存在により仕立てられます。

木枠から作り上げるアタッシュケースは、伝統的な作り方。重厚感と上品さを合わせて感じることが出来る、特別な鞄を製作しています。

Bag Meister

ココマイスター“流”
熟練職人

高いセンスと技術を求める
鞄を仕立てる熟練工が魅了する

ココマイスターが取り扱う皮革、そしてデザインは作り手に高い技術が求められます。それを仕立てることが出来る熟練職人のみが製作に携わります。

鞄は技術だけでなく、高いセンスが要求されます。鞄専用の職人の中でも、今まで売れる製品を製作してきた職人は、やはり別格です。フォルムには品があり、スッキリとした印象の革鞄に仕立てることができ、多くの紳士を魅了する鞄が誕生します。

Wallet Meister

ココマイスター“流”
財布熟練職人

細分化された工程で技術を見せる
それぞれに特化した職人が
仕立て上げた

財布は工程が細分化されており、各フェーズ事に別々の熟練職人が製作することが殆どです。鞄よりも数量を要求される事が多く、自然と分業制となっていきました。

財布もまた技術力により、仕上がりの格好良さに大きく影響します。曲線的なフォルムでありながら、スッキリした印象を与える。そんな、紳士らしい仕上がりに仕立てていきます。

Other Meister

ココマイスター“流”
番外編・ロゴ刻印用

製品に押されるロゴは
全て真鍮を削り出して製作

ココマイスターの製品に押されているロゴは、全て真鍮削り出しにより作られたスタンプにより押されてます。

機械で真鍮を削り出し、手でヤスリがけを行い、細かな調整を行います。それにより、天然皮革に押されたロゴは、過度に主張することなく、革に馴染むようなロゴが刻印されています。

Other Meister

ココマイスター“流”
作る熟練職人

英国老舗タンナーが作る
伝統的な極上皮革

皮から革へ、ココマイスターの大切な原材料を製作する熟練職人『タンナー』。英国老舗タンナーは、とにかくトラディショナルな製法に拘りを持ちます。この建物ですら、国の許可なく補修を多なうことは出来ません。縛られていますが伝統を大切にする彼らには、当たり前の光景です。

その様な文化により、素晴らしい革素材を作り上げる事が出来ます。伝統的ですが、柔軟性もあり、ココマイスターと共に新しい革の開発などを進めています。革の内部まで丁寧に作られた素材は、経年変化しても丈夫で美しい素材です。

現在でもイギリス警察のガンホルダーや、ビリヤードのキュー(先端部分)などを製作しており、伝統が引き継がれています。