TOP > 革へのこだわり

トップ ココマイスターとは? 革へのこだわり 職人達の集い 匠の技 ギフトをお考えの方へ カタログ請求 実店舗案内 よくあるご質問 ご利用ガイド ココクラブ 入会ページ

革へのこだわり

  • ココマイスタートップへ
  • 革へのこだわりトップへ

CURRICULUM

  • 1限目 天然皮革の基礎知識
  • 2限目 ヌメ革の基礎知識メンテ術
  • コードバンの基礎知識とメンテ術
  • ブライドルレザーの特徴とメンテ術
  • マットーネの特徴とメンテ術
  • ナポレオンカーフの特徴とメンテ術
  • パティーナの特徴とメンテ術
  • マルティーニの特徴とメンテ術
  • 4限目 ヨーロッパの革事情
  • 5限目 革ができるまで
  • 6限目 革の種類
  • 補講 革のキーワード辞典
  • 野外授業 職人達の集い

ヌメ革の基礎知識

ヌメ革とは?

ヌメ革とは植物の渋に含まれる成分のタンニンでなめした皮革です。特徴はその丈夫さです。素材自体は固いのですが、太陽の光を浴びたり、素手で触ることで油がつくことで変色します。しかし、この傷や変色自体もヌメ革の風合いとして味わいが増す素材です。牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かな手触りを持つ、古くから皮革の代表格です。植物の渋のみで、なめされている為、自然に優しく廃棄後も土にかえることができる、素朴ですが素晴らしい素材と言えます。

ヌメ革の特徴

丈夫だが傷がつきやすい

ヌメ革はその加工法上、他の皮革に比べて繊維の目が詰まっているため非常に丈夫です。少々荒い扱いをしても革自体が大きく損傷することはありません。しっかりとケアをしていれば数十年単位で使い続けることが可能です。しかし、ヌメ革は表面加工がされていませんので、表面の傷はつきやすいです。爪があたったり、ちょっとこするだけで簡単に傷がついてしまいます。その傷さえ味に見えてしまう、不思議な革です。

使い続けることで、柔らかさ・色合い・艶がでてくる

ヌメ革は、タンニンなめしによりなめされていますので、当初は繊維がびっしりと並んでいるため、固くゴワゴワしています。しかし、使い続けることで繊維がほぐれてクッタリしてきます。使ううちに手の脂などが染み込んだり、日光などでツヤが出てきたり、あめ色へと変化し、唯一無二の存在へと変化します。使用するごとに味のでる、10年後が楽しみな皮革です。

動物そのものの革だから革ごとに個性がある

ヌメ革は表面加工がされていない生の革です。そのため、革の元となった動物それぞれの個性が残っています。生きているときにできた傷痕(バラ傷)、血が通っていた痕(血筋と呼びます)などがこれにあたります。これらは本革である証ですので、傷などが味わいになります。

水に特別弱いので水濡れに注意!

ヌメ革は表面になにも加工をされていないので、水に特別弱いことで知られています。特におろしたて当初は水に濡れるとすぐにシミになってしまうので、ある程度使い込んで表面がコーティングされるまでは特に注意が必要です。水シミで色が濃くなってしまった部分は、経年変化により目立たなくなります。

ヌメ革のお手入れ

ヌメ革は革の表面に加工が施されていないため、水濡れなどによるシミがつきやすいのが特徴です。使い込んでいくと手の油や革自体から出る油により自然の保護膜ができますが、まっさらな状態のヌメ革はやや汚れやすいので、購入した後、コロニル・シュプリームクリームを塗ると、汚れがつきにくくなります。水シミもクリームの油分により付きづらくなります。また神経質な方は防水スプレーによる保護も併せると効果的です。しかしながら、ヌメ革は傷やシミなどが味となっていくため、そこまで神経質にならず荒く使う方が、ヌメ革としての味が出てくるかと思います。

4限目ヨーロッパの皮革の凄さ

3限目選択科目

コードバンの
基礎知識とメンテ術 マットーネの
特徴とメンテ術 パティーナの
特徴とメンテ術 ブライドルレザーの特徴とメンテ術 ナポレオンカーフの
特徴とメンテ術 マルティーニの
特徴とメンテ術
野外授業 職人達の集い 補講 革のキーワード辞典 6限目 革の種類 5限目 革ができるまで 4限目 ヨーロッパの革事情 3限目  選択科目 2限目 ヌメ革の基礎知識メンテ術 1限目 天然皮革の基礎知識
マルティーニの
                    特徴とメンテ術パティーナの特徴とメンテ術ナポレオンカーフの特徴とメンテ術マットーネの特徴とメンテ術ブライドルレザーの特徴とメンテ術コードバンの基礎知識とメンテ術
  • ページの先頭に戻る