TOP > ココマイスターのこだわり

トップ ココマイスターとは? 革へのこだわり 職人達の集い 匠の技 ギフトをお考えの方へ カタログ請求 実店舗案内 よくあるご質問 ご利用ガイド ココクラブ 入会ページ

ココマイスターのこだわり

日本の職人がつくる心温まる革製品

日本製にこだわる、それも熟練職人による手仕事

ココマイスターは「日本の職人がつくる心温まる革製品」をコンセプトに、
熟練職人を選定、細部まで手を抜かない、こだわりの“ものづくり”を信念としています。
厳選した素材とセットとなり、一生涯使える、愛着がもてる革製品を生み出し続けています。

万が一、製品に不具合が発生した場合は修理を承ります。

ココマイスターの会員サービスである
ココクラブに入会すると永年修理保証を受けることができます。
消耗やお客様の過失による破損以外は基本的に無償で行っておりますが、
天然皮革のため、個別に対応が異なりますので、まずはご相談ください。

熟練職人の技と厳選素材を生かしたシンプルなデザイン

革選びから、どうしたら素材を最大限生かせるのか、という部分にこだわり
素材の特性に合わせて職人も厳選しております。
財布の切れ端部分には、コバ塗りとよばれる、手間のかかる仕事を施しています。
職人の手により、素材の良さをシンプルに感じ取ることができる、心温まる革製品が誕生するのです。

Meister

熟練した職人達はその道を極めている
財布、鞄、それぞれの分野に特化した熟練職人を指定する

熟練された職人であればあるほど得意分野というのが存在します。
職人は財布職人であったり、はたまた鞄職人であったりと分かれており、さらには、革の特性や鞄・バッグの作り方の特性による得意分野があります。
その道を極めるとは、安易に守備範囲を広げず、得意な分野を更に極めていく過程です。
ココマイスターでは、革の特性や鞄・バッグの作り方による得意分野を考慮し、最適なマイスターマッチングを行っています。
その人数は100名以上を超えており、財布・鞄・バッグなどの縫製職人から、革を製品に合わせて厚みを変える職人、金属を加工する職人など、
何代も続けている工房や、何十年も縫製を続けている熟練職人達を中心に、日本の職人文化を守っています。

欧州希少皮革へのこだわり 欧州が誇る最高傑作の天然皮革を厳選する

MATERIAL 欧州希少皮革へのこだわり

英国、イタリアなどの歴史ある革文化が生み出す最高傑作の天然皮革を主として採用しております。 その革素材はココマイスターの芸術とも言える作品(革製品)を製作する上で必要不可欠なマテリアルです。 この世界的にも流通してない皮革、若しくは少量で流通する素材達が奏でる極上の芸術をご堪能いただきます。 大変申し訳ないのですが、原料調達が少量となるため製作本数が限られており、直営店のみの販売となっております。 ブライドルレザーやコードバンなどは数多くの皮革が存在しますが、ココマイスターの革素材は正に別格の存在感を放ちます。 最高の素材は、素晴らしき芸術性により輝きを発揮します。これぞ正にCOCOMEISTERの真髄となる芸術性です。

天然皮革の醍醐味、使い込むほどに味が出る

天然素材の醍醐味は何といっても、使うごとに味が出ていくことである。
また、同じものが2つとないことが多くの革ファンを作り上げている由縁です。
特に、ココマイスターのマットーネ皮革と内装に使われている、ヌメ革は表面にほとんど加工を施してないないため、
牛が生きていたころについた傷や血筋などが残っており、
使い込むごとに味が出ていき、半年程度でも新品時とはかなり大きな違いを見せてくれます。
味がでるごとに愛着が出てきて、愛着が出てくると味を出したくなる。
革製品と向き合うには最適の天然素材です。

ギフトシーンを優雅に演出し革製品を大切な人へ贈る

由緒ある革製品をギフトシーンに。
職人がつくる心温まるココマイスターの革財布は
誕生日や入学祝、就職祝いなどのギフトに多くご利用いただいております。
ご注文の半数以上のお客様に
ギフトラッピングをご指定いただいております。
ラッピングは無料でご利用いただけます。

日本の熟練職人が手作りしているため、生産する量は限られます。また、ココマイスターでは“おもてなし”の精神を持った接客を心がけている為、
自分たちの手でお客様に製品をお渡ししたいと考えております。ココマイスターの直営実店舗販売スタッフは全て正社員であり、“おもてなし”の接客を極めるべく
日々精進しております。日本製ハイエンドブランドとして、“おもてなし”を世界に広めていく為、新しい時代の新しい“おもてなし”を創造し、この素晴らしい
日本の文化を守っていきたいと考えております。

1限目 天然皮革の基礎知識
  • 財布特集
  • バッグ特集
トップへ戻る
  • ページの先頭に戻る