TOP > ”日本製”手作りの力

トップ ココマイスターとは? 革へのこだわり ”日本製”手作りの力 ギフトをお考えの方へ カタログ請求 実店舗案内 よくあるご質問 ご利用ガイド ココクラブ 入会ページ

革へのこだわり

  • ココマイスタートップへ
  • 革へのこだわりトップへ

CURRICULUM

  • 1限目 天然皮革の基礎知識
  • 2限目 ヌメ革の基礎知識メンテ術
  • コードバンの基礎知識とメンテ術
  • ブライドルレザーの特徴とメンテ術
  • マットーネの特徴とメンテ術
  • ナポレオンカーフの特徴とメンテ術
  • パティーナの特徴とメンテ術
  • オイルドフェリーチェの特徴とメンテ術
  • 4限目 ヨーロッパの革事情
  • 5限目 革ができるまで
  • 6限目 革の種類
  • 補講 革のキーワード辞典

日本の文化を伝える「匠」

ココマイスターが日本の文化を伝えるというミッションのもと、動き始めたのが2010年。 我々は、そのミッションに参加すべく、ココマイスターの製品を1つ1つ手作りで縫製しています。 日本の製造業を豊かにしたいと考える気持ちは同じで、安売りをしない”本物の質”で勝負する ココマイスターのスタイルに共感しています。

マイスタープロフィール

酒井 勝
名前 酒井 勝 (サカイ マサル)
年齢 71歳
職人歴 50年
製作時のポイント 買うお客様の気持ちになって一点一点扱う
革に対する思い 革は自分のいのちと同じ
今後の目標 後輩をしっかり育てて一人前に活躍してほしい
趣味 じっとしていることが大っ嫌いなので
とにかく体を動かすことが好き
マイスターインタビュー 最高の技術を持ってお客様の為に1点1点丁寧に縫製する

最高の技術を持ってお客様の為に1点1点丁寧に縫製する。
機械じゃなく手作りで作るからこそ生きるのが革製品だと思う。
部位により質感が異なり、張力も異なる。
機械はこれらを無視して製品化するため、長年の使用に耐えることはできない。
運が悪ければ、3カ月で壊れてしまう。
私の作る製品は50年の技術によって培われた、一生涯使える製品なのである。
ココマイスターを通じて、”本物”の革製品を知っていただきたい。
ココマイスターの製品を購入するということは、
手作りにしか出来ない良さを知ることになるだろう。

マイスタープロフィール

菊池 公夫
名前 菊池 公夫 (キクチ キミオ)
年齢 56歳
職人歴 40年
製作時のポイント 第一に丁寧に、そして手を絶対に抜かないで
全力で品物を作り上げる。
革に対する思い 硬い革など傷の付きやすい革には、なおしが
効かないので細心の注意を払って商品にする。
今後の目標 身体を大切に、コツコツとこれからも仕事を
頑張っていきたい。
趣味 家族旅行
マイスターインタビュー 私たちが手作りで生みだす製品は、どこにも負けない

ココマイスターの素材をみて驚いた。
かつてこんな上質な皮革を縫製したことは記憶にない。
非常に上質で、モノ作りにも気合が入るよ。
1枚の革は大体100cm×100cmだが、実際に使うことが出来るのは9割程度、
ココマイスターの製品は更に厳しく7〜8割となる。
キズが多い場所は避けているため、使える革の範囲が狭くなってしまう。
そのこだわりに、私たちの技術で答えなくてはいけないと思うよ。
日本の技術を世界に示してもらいたい。
私たちが手作りで生みだす製品は、どこにも負けない、
そういう想いで皆1つ1つ心を込めて作っているんじゃないか。

その他、様々な職人さんにココマイスターの製品作りに協力頂いてます。